佐賀県産牛のサーロインステーキや特製ハムなどえりすぐりを詰めた花やしきとサガン鳥栖のコラボ弁当

コラボ弁当ののし紙には、クラブスローガンにちなんで「一GO一会」とデザインした

「試合ができず、大変な時期だからこそ元気を出そう」とサガン鳥栖とコラボ弁当を発売したステーキレストラン「花やしき」=鳥栖市柚比町

 J1サガン鳥栖のプラチナシートの弁当を手掛ける鳥栖市柚比町のステーキレストラン「花やしき」が、“プラチナ弁当に勝るとも劣らない”サガン鳥栖コラボ弁当を発売した。「新型コロナで試合ができず、大変な時期だからこそ元気を出そう」と初めて企画。A5ランクの佐賀県産牛や特製ハムなど「この値段では無理」(同店)というえりすぐりを詰め、県内配達も行う。

 ステーキは佐賀牛か伊万里牛のサーロインのみを使い、ポン酢ベースの和風ソースを添えた。オードブルに出している特製ハムやドレッシングも盛り込み、1個1717円(税込み)。7月31日まで期間限定販売する。

 花やしきはサガン鳥栖アカデミーのユニホームスポンサーで、コラボ弁当の売り上げの一部は選手育成資金に活用される。また、購入者から抽選で17人にサガン鳥栖新グッズをプレゼントするほか、購入弁当ののし紙の持参者には花やしきで次回食事の際、ソフトドリンクを1杯サービスする。

 店頭で予約なしでも購入できるほか、電話や花やしきのサイトからメールで注文できる。4個以上で鳥栖市、基山町、みやき町に、10個以上で佐賀県内に配達も行う。

 のし紙には、2020年のクラブスローガン「GO」と一期一会を掛け合わせ、「一GO一会」とデザイン。西村享介社長(56)は「出会いと絆を大切に、一緒にサガン鳥栖を応援しましょうという思いを込めた」と話す。問い合わせ・予約は花やしき、電話0942(83)2000。

このエントリーをはてなブックマークに追加