ベスト4入りを決めてガッツポーズする伊万里の松永奈穂=佐賀市のSAGAサンライズパーク庭球場

 テニス女子個人シングルスは、伊万里の松永奈穂が一進一退のシーソーゲームを7-6で制し、ベスト4に進出した。勝利の瞬間はガッツポーズで跳びはね、うれし涙を流した。

 序盤は3-0でリードしたが一気に追いつかれ、激しい雨の中、6-6でタイブレークに突入。松永は「思いっ切りやるだけ」とボールを返し続け、最後はフォアハンドでクロスに決めた。「入ると思わなかった。みんなのおかげで頑張れた」と家族や部員、コーチへの感謝を口にした。

 テニスを始めて10年。さまざまな人たちに支えられ、力を付けてもぎ取った勝利。準決勝も「思い切り挑みたい」と気持ちを高める。

このエントリーをはてなブックマークに追加