教室と生徒会本部をオンラインでつないだ生徒総会=唐津市の北波多中

教室と生徒会本部をオンラインでつないだ生徒総会=唐津市の北波多中

 唐津市の北波多中(青栁博文校長、114人)は12日、オンラインで生徒総会を開いた。生徒会本部と各教室の電子黒板をビデオ通話アプリ「スカイプ」でつなぎ、全校生徒で学校の在り方について考えた。

 体育館での集会を取りやめ、新型コロナウイルスの感染予防で三つの教室につないだ。生徒会の約10人が本部で議事を進め、各学年の代表者が交代でカメラの前に立って一人一人質問した。生徒たちからは、体育祭や平和集会など行事の開催可否についての質問も多かった。

 オンラインでの総会は初めての取り組み。生徒会などでリハーサルを重ね、生徒会長の岩嵜友唯ゆいさんは「やり方に慣れず緊張した。年に1回だけの総会なので、トラブルなくできて良かった」とほっとした表情を見せた。

このエントリーをはてなブックマークに追加