昨年の佐賀豪雨や台風による塩害を受けて、昨年産の大豆に対する農業共済の支払い額が約13億6700万円になったことが、県農業共済組合のまとめで分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加