草木染のリバーシブルマスク。「おしゃれなマスクで日々に潤いを」と馬場崎社長(左)

 佐賀市に事務所を置く「草木染工房よもぎ」(馬場崎誠社長)は、草木染した着物生地のマスクを作り、販売を始めました。夏に向けて麻や綿など自然素材を使い、優しい色合いに仕上げています。

 カラスウリの弦やアカネの根、藍などを使って一つ一つ染めています。マスクが日常生活に「必須」とされるようになり、馬場崎さんは「おしゃれなマスク、使いやすいマスクを求める声が寄せられたことがきっかけになりました」と話します。

 全て手作りのため、50種類ほどあるマスクのデザインはそれぞれ異なります。サイズはフリーで1枚2000円(税別)。手洗いでき、色落ちした場合は「染め直しの相談にも応じます」。販売は小城市牛津町牛津86-2のギャラリー・工房で行っています。問い合わせは馬場崎さん、電話090(1160)9410へ。

このエントリーをはてなブックマークに追加