九州新幹線長崎ルートの未着工区間(新鳥栖-武雄温泉)の整備方式を巡り、佐賀県の山口祥義知事は11日、国土交通省との「幅広い協議」の場でフル規格を議論する場合、「(フル規格の整備方針を示した)与党の議論とは関わりなく、ゼロベースからしっかり時間をかける」と強調し、結論を急ぐ国交省にくぎを刺した。