嬉野市嬉野町吉田にある憲真窯(けんしんがま)は、中村臣亘(たかのぶ)さん(45)の父・憲昭さん(74)が25年前に起業した窯です。 窯の作品は「和紙染」と名付けられた技法を使った豪華な絵柄の器です。その手法は、銅板に彫った文様を和紙に印刷し、その和紙を素焼きの器に貼りつけ、湿らせたはけで転写します。