虹の松原の保全活動に取り組む唐津南高(唐津市神田)の虹の松原研究班が、疫病退散に御利益があると伝わる妖怪「アマビエ」の松ぼっくり人形を制作している。市内の小学校や病院、老人ホームに届けたいとしている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加