唐津市浦出身の宮田修さん(32)は唐津商高卒業後、東京で就職。2011年の東日本大震災で何もできない自分に危機感を抱き、自然の脅威の中で生き抜く術を身に付けたいと感じた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加