このコロナ渦でテレワークに取り組んだ企業が多かったのですが、書類に押印する目的で出社しなければならない人たちがいたそうです。日本では印鑑文化がまだ根強くあり、申請や承認、報告書、見積書、領収書などに印鑑は付き物。専門家によると、民間の企業や個人の間で交わす文書の多くは、押印がなくても書面自体が無効になるわけではないそう。ただ、社内規定やこれまでの慣習として印鑑があることで信頼感が得られており、今すぐに押印なしにすることは難しいようです。

 最近では、オンラインショッピングの見積書や領収書は紙ではなくファイルで提供され、印影も画像を張り付けた形式が一般化しています。認印や承認印、角印などを画像で作成しておけば、テレワークやオンラインで押印が必要になった場合に使えそうです。

 無料で電子印鑑を作成できるWebサイトもいくつかあります。株式会社白舟書体が提供する「Web認印」は「古印体」や「印相体」の書体が使えるので本物のようです。一度試してみませんか。(浴本信子 パソコンスクール経営)

このエントリーをはてなブックマークに追加