政府が開示した持続化給付金の受注事業者の資料を手に質問する大串議員。一部「黒塗り」での開示を批判した=衆議院予算委員会

 立憲民主党の大串博志衆院議員(佐賀2区)は9日、衆院予算委員会で持続化給付金事業の推進体制などについて質問した。

 事業を受託したサービスデザイン推進協議会が入札時に提出した提案書を示しながら「『給付金が届かないなあ』と思っている万単位の人がいる。(政府が開示した資料は)給付金の事業実施計画も真っ黒。何も説明しない体制で国民の理解を得られるのか」と批判した。

 給付金事業の推進体制について「権力に近い人が優遇される流れの一環ではないか」とただすと、安倍晋三首相は「全く的外れ」と否定した。

このエントリーをはてなブックマークに追加