初の「年またぎ選挙」となった佐賀県知事選は新人4人が立候補し、県政の新しいリーダーの座を争っている。4人が目指す知事とは、どんな権限を持ち、どのような重責を担うのか。その職責をひもとく。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加