佐賀県が九州新幹線長崎ルート新鳥栖-武雄温泉間の整備方式に関し、国土交通省と協議入りしたことを受け、長崎県の中村法道知事は8日の定例会見で「長崎県としては歓迎。協議が重ねられ、議論が進展していくことを強く期待している」と述べた。

 長崎県は全線フル規格での整備を要望しており、フルを前提にした環境影響評価(アセスメント)の関連予算の早期計上を国に求めている。

 中村知事は「まだ佐賀県の理解が得られていない」とし、アセス費用が来年度予算の概算要求に盛り込まれなかった場合、財源の議論で北陸新幹線に遅れるとの懸念を示した。その上で「まだ少し時間がある。国交省と佐賀県の協議が精力的に持たれ、一つの方針が示されることを期待している」とした。

このエントリーをはてなブックマークに追加