九州新幹線長崎ルートの2022年度暫定開業を見据えた地域づくりを目的に、佐賀県内の自治体や経済、観光団体など44会員で構成していた「さが交通デザイン協議会」が5月末で解散した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加