佐賀新聞社による主権者教育の出前授業が9日、唐津市の唐津西高(吉山耕一郎校長)で開かれた。3年生約160人が唐津のまちづくりをテーマに模擬選挙を体験。唐津市の現状と課題を考えながら、主権者としての心構えを学んだ。 新型コロナウイルス対策で、生徒たちの間隔を空けて実施した。