白石町庁舎

 白石町は9日、12日開会の定例議会に提案する一般会計補正予算案など40議案と報告4件を発表した。一般会計は979万7千円を減額し、補正後の総額は前年同期比16・6%増の170億1151万2千円。

 減額の主な理由は、肥育農家向けに牛舎の新築などを補助する事業で、対象となる事業者が、国の補助を受ける要件を満たさず、当初予算に計上していた事業費の4907万円分を減額補正した。

 主な事業は、避難所での新型コロナウイルスの対策として、簡易ベッドや防災マットの整備費に176万9千円。

このエントリーをはてなブックマークに追加