陸上自衛隊九州補給処長・目達原駐屯地司令として着任した神原誠司陸将補(54)が18日、会見を開き、災害派遣や補給訓練で米軍との連携を強化する必要性を強調した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加