プロレスラー木村花さんの死を巡り、インターネットの誹謗(ひぼう)中傷に関する議論が高まっている。規制、発信者特定の迅速化、プラットフォーマーの責任、といった内容が話題の中心である。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加