2019年に佐賀県内で発生した労働災害による死傷者数は1182人だった。小売業などで大幅に減少し、前年比6・9%減となったものの、この10年間では前年に次いで2番目に多かった。死者数は前年から4人減って3人だった。 労働災害による死傷者(休業4日以上)を佐賀労働局がまとめた。