「煎茶道の祖」と称される佐賀市出身の高遊外売茶翁(1675~1763年)を縁に交流のある、黄(おう)檗(ばく)宗(しゅう)の浅井聖(せい)道(どう)宗務総長が22日、佐賀市の秀島敏行市長を表敬訪問し…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加