伊東勝之事務局長(右)に寄付金を贈呈する佐賀西LCの水﨑眞司会長=佐賀いのちの電話事務所

 佐賀西ライオンズクラブ(LC、29人)は5日、自殺防止で電話相談活動をしている「佐賀いのちの電話」に寄付金5万円を贈呈した。

 佐賀西LCは毎年、チャリティー映画上映会の収益金の一部を「いのちの電話」に寄付しており、今年で12年目。今年は新型コロナウイルスの影響で上映会は中止。協賛企業に協賛金を返還したが、一部から奉仕事業に使ってほしいと申し出があり、寄付金に充てた。水﨑眞司会長(62)は「ありがたい言葉をいただいた。奉仕の心が伝わってうれしい」と話す。

 寄付金を受け取った伊東勝之事務局長(75)は「定期的な支援に大変助かっている」とお礼を述べた。現在130人在籍している相談員の研修費などに充てる予定。

 「いのちの電話」では、電話0952(34)4343で24時間相談を受け付けているほか、佐賀県からの委託で県自殺予防夜間相談電話(毎日午後11時から午前5時)0120(400)337でも相談に対応している。

このエントリーをはてなブックマークに追加