唐津市相知町の松浦川沿いの湿地「アザメの瀬」で17日、夏休み自然環境学習会が開かれた。佐賀、福岡両県の幼児から中学生まで25人が参加、水生生物を採取して生き物の種類と場所の関係について考えた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加