【ロンドン共同】ロイター通信の報道によると、石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟の産油国による連合体「OPECプラス」が6日の会合後に出す声明草案は、6月末まで行う予定の日量計970万バレルの原油協調減産を7月末まで継続するとの内容だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加