【高雄共同】台湾総統選で親中路線の最大野党、国民党候補として出馬し、大敗した韓国瑜・高雄市長の解職請求(リコール)の投開票が6日あり、中央選管によると、リコールが成立した。韓氏は罷免となる見通し。

このエントリーをはてなブックマークに追加