佐賀・長崎両県で生産される「うれしの茶」の今年の一番茶の数量は、収穫期の気温の冷え込みが響き、前年比10%減の518トンだった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加