佐賀県は5日、発注者の県の承諾がないまま下請け契約を結んだとして、建設会社「玄海テック」(伊万里市)を指名停止処分にすると発表した。期間は6日から19日までで、県発注の工事に参加できなくなる。

 県建設・技術課によると、伊万里土木事務所が発注した伊万里港のガントリークレーンの補修工事で、同事務所の承諾を得ないまま、建設業者と下請け契約を結んで施工に当たっていた。工事期間は2019年11月から20年3月で、終了後に実施した県の検査などで発覚した。

 県からの受注実績は、19年度1件4995万円。

このエントリーをはてなブックマークに追加