新型コロナウイルスの影響で2月下旬から中断していたサッカー・J1リーグが、7月4日に再開されることが決まった。当初は無観客で行い、7月10日から段階的に観客を入れる方針。再開後1カ月程度は東西2グループに分けて対戦カードが組まれ、日程は6月15日をめどに発表される。

 国内最高峰のリーグで9年目のシーズンを迎えたサガン鳥栖は今季、若手を中心とした育成型のチームで上位進出を目指す。J1クラブの先陣を切って5月15日に全体練習を再開し、感染対策を講じた上で選手のコンディションを上げながら戦術の浸透を図っている。

 今回の月刊サガン鳥栖は、1カ月後のリーグ再開を前にした特別編として、過去8シーズンの戦いぶりを佐賀新聞の当時の担当記者が振り返った。

 

>「降格候補筆頭」が旋風 2012年・5位

>二年目のジンクス 2013年・12位

>監督交代、激動の年 2014年・5位

>豊田偉業も…守備崩壊 2015年・11位

>イタリア流戦術 徐々に 2016年・11位

>新加入選手が存在感 2017年・8位

>大型補強も苦戦続く 2018年・14位

>混迷、金監督立て直す 2019年・15位

 

このエントリーをはてなブックマークに追加