西松浦郡有田町議会(松尾文則議長、定数16)は5日、「新型コロナウイルス感染症対策の総合的な取り組みを求める決議」を全会一致で可決した。あらゆる分野でコロナ禍の影響が出ているため、同町に町民を対象にした給付金の支給を求めている。

 町はWeb有田陶器市や飲食店などの支援をしているが、経済的損失が町内に広く及んでいるとして、早急な対応を求めた。町執行部は最終日の12日までに対応方針を説明する予定。

 併せて、同議会は松尾佳昭町長に5項目の要望書を提出した。2020年度の給食費無償化検討、肥育農家への助成拡充と農産物価格暴落に対する補助、町出身学生の支援、窯業と農業の町ポータルサイト作成支援、小中学校のオンライン授業推進を求めている。

 また、三養基郡基山町議会(品川義則議長、定数13)は同日、「新型コロナウイルス感染症対策に関する決議」を全会一致で可決した。コロナ禍に立ち向かう議会の姿勢を示し、行政と連携して感染防止対策などを加速させる。

このエントリーをはてなブックマークに追加