5日のニューヨーク証券取引所(同取引所提供、AP=共同)

 【ニューヨーク共同】5日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は5日続伸し、前日比829・16ドル高の2万7110・98ドルで取引を終えた。5月の米雇用統計が予想外の改善となり、買いが殺到。2万7000ドルを回復し、約3カ月半ぶりの高値となった。ハイテク株主体のナスダック総合指数は一時、過去最高値を更新。

 非農業部門の就業者数が4月から増え、失業率は低下。新型コロナウイルスの感染拡大で悪化した米景気が想定より早く回復するとの期待が高まった。ダウ平均の上げ幅は一時1000ドルを超えた。

 ナスダックは198・27ポイント高の9814・08と急反発した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加