佐賀県市長会(会長・横尾俊彦多久市長)は19日、多久市役所で会議を開き、玄海原発(東松浦郡玄海町)の事故時に30キロ圏外の住民についても避難場所を確保するよう県地域防災計画の見直しを求めることを決め…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加