【ワシントン共同】米労働省が発表した5月雇用統計で、景気動向を敏感に映す非農業部門の就業者数は前月から250万人増となり、3カ月ぶりにプラスに転じた。

このエントリーをはてなブックマークに追加