江里口秀次小城市長(右)に給水器の説明をする小城重機建設の北川弘樹社長(中央)=市役所

江里口秀次小城市長(左)に電解水給水器を贈った小城重機建設の北川弘樹社長=市役所

 佐賀市の小城重機建設(北川弘樹社長)は3日、手洗いなどで使われている電解水給水器1台を小城市に贈った。新型コロナウイルスで感染症予防への関心が高まる中、市は職員用として市役所に設置した。

 電解水は次亜塩素酸が主成分の水溶液で、給水器を水道につないで薄める。残留塩素が少なく、直接肌に触れても大丈夫という。

 同社は4月に給水器の販売事業所を小城市に設けており、寄贈は佐賀市に続いて2カ所目。

このエントリーをはてなブックマークに追加