クララ

 日当たりのよい山野や川沿いで見られるクララ。草丈は80~150センチと大きく、小さい葉が羽のように連なり初夏に淡黄色のチョウ型の花を多数咲かせます。

 生薬名は苦参(クジン)。根を煎じたものは鎮痛や解熱など、煎液やしぼり汁は水虫やあせもなどの皮膚病に用いられ、また殺虫効果もあるため昔は植物につく害虫の殺虫剤としても使用されていました。

 名の響きは外来種のようですが、原産地は日本。全草に毒性があり、誤って食べるとクラクラと目まいをおこすことから、別名「眩草(くららぐさ)」とも呼ばれます。そして、平安時代末期の歌僧であった西行法師の歌集『山家集』の中では「荒れにける 沢田の畦に 苦参生ひて 秋待つべくも なきわたり哉」とあるように、古くから人々に知られている植物なのです。(中冨記念くすり博物館)

このエントリーをはてなブックマークに追加