高柳大塚古墳の全景

 みやき町には高柳大塚古墳を始め、東尾大塚古墳、姫方前方後円墳など古墳時代をほうふつとさせる遺跡が町内各地に点在しています。

 この地域の首長墓とみられる原古賀地区の高柳大塚古墳は、古墳時代の終わりの6世紀後半の築造とされ、現在は公園として整備されています。

 当初は、前方部が削られ円墳とみられていましたが、発掘調査の結果、全長30メートル、円墳の直径約15メートル、高さ9・9メートルの前方後円墳と確認されました。

 石室の南側に羨道(せんどう)がある横穴式石室は県内では最大規模の石室です。玄室内部は、奥壁や側壁、天井に1枚の巨石が用いられ、1992(平成4)年に佐賀県史跡に指定されました。

 石室はすでに盗掘されていましたが、周溝から須恵器の壺や甕(かめ)、横瓶(よこべ)、高杯(たかつき)、土師器(はじき)の高杯などが出土し、みやき町の貴重な歴史遺産として保存されています。(地域リポーター・橋本美雪=みやき町)

このエントリーをはてなブックマークに追加