正月三が日で35万人の人出を見込む佐嘉神社(佐賀市)で、迎春の準備が着々と進んでいる。29日は巫女(みこ)のアルバイト約90人に初詣客を迎える心構えを説明、販売するお守りや破魔矢などを準備した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加