厚生労働省

 厚生労働省は5日、正午に再開した雇用調整助成金のオンライン申請で再びトラブルが発生し、午後3時ごろに停止したと明らかにした。復旧のめどは立っていない。原因を調べている。オンライン申請はスタート初日の5月20日にシステムのプログラムミスで個人情報が漏れたため運用を停止。ようやく再開したばかりだった。相次ぐ失態に批判が高まりそうだ。

 加藤勝信厚労相は今月2日の記者会見で、システムを改修して5日正午に再開すると表明し「このような問題が生じないよう再発防止に努める」と述べていた。

 雇用調整助成金は従業員に休業手当を支払った事業所に支給する。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加