生後間もない赤ちゃん

 2019年生まれの赤ちゃんの数は統計開始以来最少の86万5234人だったことが5日、厚生労働省の人口動態統計で分かった。前年比5万3166人減で、90万人割れは初。女性1人が生涯に産む子どもの推定人数「合計特殊出生率」は1・36で、前年から0・06ポイント低下した。死亡数は138万1098人となり、戦後最多。出生数から死亡数を引いた人口の自然減は51万5864人で、過去最大の減少幅だった。

 都道府県ごとの合計特殊出生率を高い順で見ると、沖縄1・82、次いで宮崎1・73、島根1・68となった。低い順では東京1・15で、宮城1・23、北海道1・24だった。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加