「明日をさがす旅」(6月7日号)

難民の少年少女の物語

 自分が生まれ育った国、故郷(ふるさと)からどこか遠くへ逃(に)げなければいけない。そんなことになったら、あなたはなにを思うでしょうか。この物語はそれぞれの事情(じじょう)で故郷を追われ、難民(なんみん)とよばれる存在(そんざい)になった3人の少年少女が登場します。
 1939年、ナチスによるユダヤ人への迫害(はくがい)から逃(のが)れるため、キューバに向かおうとしたヨーゼフ。94年、キューバでの苦しい生活と抑圧(よくあつ)から逃れるため、アメリカをめざしたイサベル。そして、2015年、シリアでの爆撃(ばくげき)により自宅(じたく)を失い、危険(きけん)から逃れるため、ドイツをめざしたマフムード。
 3人の道のりはどれもつらく厳(きび)しいものです。そんな3人の運命が時を超(こ)えて交差するとき、あかされる真実とは…。
 このお話は物語です。しかし、私(わたし)たちの世界には確(たし)かにヨーゼフやイサベル、マフムードのような思いをしている人たちが大勢(おおぜい)いるのです。その事実を知ることが、彼(かれ)らに寄(よ)り添(そ)う心を持つ第一歩になるかもしれません。(司書ネットワーク課 篠原梨沙)

 

【ほかにもこんな本をおすすめ!】

▽故郷の味は海をこえて 「難民」として日本に生きる 安田 菜津紀/著・写真(ポプラ社)
▽なんみんってよばないで。 ケイト・ミルナー/作 こでら あつこ/訳(合同出版)
▽世界のいまを伝えたい フォトジャーナリスト久保田弘信 久保田 弘信/著(汐文社)


 【図書館へ行こう】

 紹介している県立図書館の本は、皆さんが住んでいる市や町の図書館からも借りることができます。本の世界に触れてみてください。問い合わせは県立図書館、電話0952(24)2900。

このエントリーをはてなブックマークに追加