小城(おぎ)市の牛津(うしづ)小の6年生が5月29日、牛津高の生徒たちを学校に招(まね)いてマスクの作り方を教わりました。布(ぬの)を使って針(はり)やミシン、アイロンの使い方を学びながら、学校生活や友だちのことを紹介(しょうかい)し合ったりして、1時間半の交流を楽しみました。

「完成したよー」。手作りの布マスクを掲げて笑顔の児童たち=小城市の牛津小

 

高校生からミシンの使い方を教わる児童。会話も弾んで笑みがこぼれた=小城市の牛津小

 家庭科の授業(じゅぎょう)で身近に使える物を作ろうと、牛津小が高校生たちに協力を呼(よ)び掛(か)けました。5月22日に教わった6年1組に続いて、この日は2組の児童37人がマスク作りに励(はげ)みました。担任(たんにん)の内田大策(うちだだいさく)教諭(44)は「地元の高校生とふれ合い、学んだことを家庭にも広げられる」と話していました。

 「先生」役を務(つと)めたのは牛津高服飾(ふくしょく)デザイン科(か)の3年生30人。児童たちは、横に座(すわ)って丁寧(ていねい)に教えてくれる高校生に見守られながら、マスクの形に切った布とガーゼを手で縫(ぬ)い合(あ)わせ、アイロンやミシンも使って仕上げました。1時間ほどで作り終えると笑顔(えがお)を見せ、完成したマスクを見せ合っていました。

高校生と一緒に協力してマスク作りに励む児童=小城市の牛津小
「先生」役の高校生と一緒に完成したマスクを手にする児童たち=小城市の牛津小

 

 

 

 

 

 

高校生に見守られながら、布に針を通す児童=小城市の牛津小
高校生に見守られ、布にアイロンを当てる児童=小城市の牛津小

 

 

 

 

 

 

 

牛津小6年2組 井上凌吾(いのうえりょうご)さん(12)

 高校生と学校で交流したのは初めて。細かいところまで教えてもらったから、出来栄(できば)えは完ぺき。マスクはいつでも使える。教えてもらったことを低学年にも伝えられたらと思う。

 

 

 

牛津小6年2組 香田唯月(こうだゆづき)さん(11)

 付きっきりで見ていてくれたから心強くて、分からないこともすぐに聞けた。マスクは布(ぬの)の端(はし)っこを折り過(す)ぎて、ちょっと小さくなっちゃった。お母さんと一緒(いっしょ)に家で作り直そうかな。

 

 

牛津高3年 服飾デザイン科 久次(ひさつぐ)みなみさん(17)

 

 小学生に教えるのは難(むずか)しかったけれど、担当(たんとう)した子から「楽しかった」と言ってもらえてうれしかった。高校で頑張(がんば)ってきたことを生かして、機会があればこれからも交流を続けられたらと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加