応援ボード「砂段ティーノ」と記念撮影するサガン鳥栖の豊田陽平選手(C)SAGANDREAMS.Co.,Ltd.

 サッカー・J1サガン鳥栖と総合(そうごう)パッケージメーカー「サガシキ」(佐賀市)(は2日、サポーターの等身大)(とうしんだい)写真を印刷(いんさつ)した段(だん)ボールを、仮想(かそう)の観客(かんきゃく)としてスタジアムに並(なら)べる取り組みを実施(じっし)すると発表しました。7月4日に再開(さいかい)するリーグ戦は当面、無観客試合や入場制限(せいげん)が想定され、サポーターの熱を届(とど)ける「分身(ぶんしん)」としてチームを後押(あとお)しします。
 商品名は「砂段(さだん)ティーノ(ハコデサポーター)」で、高さ70センチ、幅(はば)40センチ。1体3500円(税込(ぜいこみ))で、先着7千人にはベースボールユニホームがセットで付きます。印刷は写真並(な)みに鮮明(せんめい)といい、梅雨(つゆ)を考慮(こうりょ)し、耐水性(たいすいせい)の段ボールを用います。売り上げの一部はクラブの収益(しゅうえき)になります。無観客・入場制限のホームゲームで、2階のホームサポーター席やメインスタンドなどに配置します。設置(せっち)期間は約1カ月間を想定しています。(3日付22面)

このエントリーをはてなブックマークに追加