多久市の多久高校工業系列で学ぶ2、3年生13人が、同市の県産業技術学院に設置されている最新設備を使った実習に挑戦した。両校の連携事業で、高校生たちは物づくりの楽しさや奥深さを体感した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加