参院本会議で答弁する森法相=5日午前

 森雅子法相は5日の参院本会議で、法務省に設置予定の「法務・検察行政刷新会議(仮称)」に関し、賭けマージャン問題で辞任した黒川弘務前東京高検検事長の定年延長や訓告処分、検察幹部の定年延長を可能とする検察庁法改正案について、協議対象には含めない意向を示した。3点を列挙し「黒川氏の勤務延長や処分は適正に行われた。検察庁法改正案の内容も適切で、これらの適否を同会議の議題とする考えはない」と明言した。

 同時に、黒川氏による賭けマージャンについて「甚だ不適切だ。法務省や検察に対し、国民からさまざまな意見、批判がある」と強調した。共産党の井上哲士氏への答弁。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加