地方の医療を取り巻く問題は多いが、中でも深刻なのは地域格差。市街地はまだしも、人口規模の小さい周辺部は医療機関が限られ、多久でも産婦人科や小児科などは市外に行く人が多いと聞く。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加