会談に臨む自民党の森山国対委員長(右)と立憲民主党の安住国対委員長=5日午前、国会

 自民党の森山、立憲民主党の安住両国対委員長は5日、国会内で会談し、20年度第2次補正予算案の10兆円に上る予備費のうち、5兆円分の使途を政府が事前に確定させることで合意した。5日中に持ち回り閣議で使途を決定した上、来週の予算案審議冒頭で麻生財務相が行う財政演説に盛り込む。不測の事態に備える目的で確保する予備費の使途を、政府があらかじめ明示するのは異例だ。

 これに先立ち立民など野党4党の国対委員長は会談し、5兆円分の使途明示を受け入れる方針を確認した。

 野党は10兆円の予備費がかつてなく巨額だとして、政府が事前に可能な限り使途を明らかにするよう求めていた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加