東京五輪・パラリンピック組織委員会の遠藤利明副会長は5日、新型コロナウイルスの感染拡大で来夏に延期された東京大会の開催可否の判断を巡り、来春まで事態の推移を見守るべきだとの考えを示した。組織委幹部が開催可否の判断時期について言及するのは初めて。

このエントリーをはてなブックマークに追加