兄の影響で水泳を始めたのは5歳の頃。小学5年時に九州大会まで進んだことをきっかけに、背泳ぎを専門に選んだ。佐賀商水泳部の末廣真生(17)は、高校1年から全国舞台を経験した県内トップスイマーだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加