新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため無観客で開催していた武雄競輪は、12日から観客を入れたレースを再開する。場外車券売り場「サテライト武雄」での発売も11日に再開する。

 2月27日から場外車券売り場での発売を中止し、3月11日からは無観客で開催していた。全国競輪施行者協議会などが5月末に示した感染拡大予防ガイドラインに沿う対策を取ることで、観客を入れる形での開催と場外発売再開を決めた。全国の競輪場で観客を入れたレースを再開するのは武雄競輪が最初になる。

 感染防止策として入場前の検温や手指の消毒を行い、マスク着用を義務づける。観覧席は1席空けて座るようにし、喫煙室などは人数を制限する。

このエントリーをはてなブックマークに追加