2014年の考古学界は、邪馬台国(やまたいこく)論争の鍵を握る三角縁神獣鏡や前方後円墳をめぐり、新発見が相次いだ。沖縄県と富山県では、日本人のルーツに迫る発見も。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加