災害時の安否不明者・死者の氏名公表を巡り、全国知事会は4日、全都道府県を対象にした実態調査の結果を明らかにした。公表、非公表の判断基準など独自のルールを策定した都道府県は、全体の3割以下にとどまった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加