3085日。計算間違いがなければ、安倍晋三首相のきょう時点での通算在職日数だ。昨年11月に憲政史上最長記録を塗り替え、記録を更新中だ。戦後最年少の52歳で首相に就いた2006年はわずか1年で退任したが、健康問題を克服して復活。民主党から政権を奪取し、2度目の首相に就いてから12月で8年になる◆これほどまでの長期政権になるとは思っていなかった。とにかく選挙に強い。12年の首相再登板後、衆参5回の国政選挙で勝利を収めた。野党の離合集散もあり、「1強多弱」の構図が続く◆盤石に見えた安倍政権に陰りが見え始めた。直近の世論調査で内閣支持率は40%割れ。迷走したコロナ対応への不満に加え、賭けマージャンで辞職した黒川氏の訓告処分を「甘い」とする意見が多い◆古代中国の神話伝説に登場する黄帝(こうてい)は軍事能力に優れ、ある戦いで魔術を使って濃霧を発生させた敵に対し、黄帝は常に南を指し示す「指南車」を使って自軍を導き、戦いに勝利した。ここから人を教え、導く意味に「指南」が使われるようになったという◆通常国会は今月17日が会期末。終盤戦は与野党の対立が激化し、関心も高まる。過去には衆参同日選など政治が動いた6月。まさか選挙はないと思うが、選挙戦の指南に優れた安倍首相だけに、国民の意識とのズレが気になる。(義)

下記のボタンを押すと、AIが読み上げる有明抄を聞くことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加